導入する前に知っておこう

タブレットposの注意点

レジスター

バックオフィス機能が限定的

バックオフィス機能が限定的なことがタブレットposの欠点です。つまり、どういうことかと言うと、「売上の集計」「分析」「顧客管理」などの機能がある分、大量な商品登録を行うことが想定されていないケースが多いという事です。しかし、使い方次第で仕事の効率化を測ることができるのでしっかり使用目的を決めましょう。

周辺機器との接続

タブレットposを上手く仕事で使いこなすためには、周辺機器を揃えておく必要があります。そのため、導入する時は自社でどんな周辺機器がいるのか調べておきましょう。例えば飲食店なら、レシート用のプリンター、バーコードリーダー、クレジット用のスキャナーなどになります。

自社に合ったタブレットを

タブレットposにはデメリットもあります。しかし、それを超えるメリットもあるためにやはり導入することをおすすめします。また、タブレットはまだまだ、年々新しいタイプが開発されています。ですから、自社に適しているタブレットやposを見つけて導入してみてはどうでしょうか?