それぞれの導入事例

タブレットの導入事例

女性

飲食店

飲食店での課題はコストパフォーマンスの改善やオーダーの取りやすさなどが挙げられていました。しかし、タブレットposを導入することで、売上や仕入れを管理できるだけでなく、オーダーミスが減り、現場の負担が軽減されています。

美容室・サロン

タブレットposでは顧客情報の管理、プロモーションツールの活用などができるため、美容室やサロンに導入されるケースが増えてきました。顧客一人一人の雰囲気に合わせて、似合う髪型を瞬時にタブレットから情報を引き出すことができることがタブレットposの魅力です。

小売店

タブレットposは見た目的にもスタイリッシュでデザイン性もよく、免税書類の作成もスピーディーに行うことが可能です。また、タブレット端末は持ち運びが便利だけでなく、実店舗との連動・連携ができるので売上の管理がしやすいです。

タブレット導入に関する疑問

どのタイミングで導入するべき?

タブレットposの導入は作業効率を向上させることができる反面、導入するタイミングを失敗してしまうと営業に影響を及ぼす可能もあります。どのタイミングで導入するかよりも、スタッフ全員でposのシステムを理解した上で導入することをおすすめします。

どんなposシステムを選ぶべき?

posはposでもそれぞれの業種・業界に合わせて選ぶ必要があります。そのため、自社の目的に合っているposレジを探しましょう。飲食店なら売上集計の自動化や予約の管理、会計のスピードアップができるシステムがおすすめです。

飲食店で導入することがおすすめな理由は?

タブレットposでは、飲食店でよく使われているハンディ端末とも連動することができます。そのため、オーダーミスを減らすこともできますし、オーダーを通す時間も短縮することができます。ハンディ端末を使っている飲食店なら導入することがおすすめです。

自社に合わせてカスタマイズできる?

飲食店では特に、メニューや商品が店舗ごとに違うために自社に合わせてカスタマイズできるかは重要なポイント。しかし、安心してください、タブレットposは様々なツールを活用すれば、自社で使いやすいようにカスタマイズすることは可能です。

IT導入補助金制度が利用できる?

条件を満たすことができれば、posでもIT導入補助金を受けることが可能です。もちろん、生産性を上げる目的としたITツール導入に対して、補助金は給付されるものなので色々手続きが必要になってきます。